【  あそこ見ちゃ駄目 】11/26便 FX週間レポート お客様への動画発信メール♪

このエントリーをはてなブックマークに追加
Bookmark this on Yahoo Bookmark
[`buzzurl` not found]
Bookmark this on @nifty clip
Bookmark this on Google Bookmarks
Share on Facebook

このUP記事は 私がナビゲーターを務めさせていただいております

【BBFカウンタートレード】マルモトの週刊FXレポート

購読者様に毎週末に送信しているメールの内容でございます(*^_^*)
結構私の書くメールふざけてるように見えますが 皆様には好評ゆえ
ここにもUPでございます

※本日のは 松永社長のチェック入る前の 【 無修正版 】 でございます

-----------------------------------------------------------------

見られるのは平気な中野です。

私、結構平気です。

裸の事思い浮かべましたか?

ハイ、それも平気です。

『あ、そこ見ちゃ駄目よ』

『あそこ、見ちゃ駄目よ』

どっちがいいですか?

問題は見たがってくれる人が居ないこと(自爆)

取引の履歴なんかも、結構平気です。

但し、誰でもオープンとは言えませんが・・・

これは、違うリスクがあるためです。

違うリスクの件は、機会があればお話ししますね。

『見る』『見せる』

この事についてお話ししますね。

私みたいな鈍い奴でも、練習すればそれなりにうまくなるのがFXです。

10月の合宿から、多くの人に履歴等を見せながら指導的立場にいます。

私が人にトレードを教えられるようになるなんて、嘘みたいです。

しかしそれが事実なんです。

私は鈍臭いので、逆の意味で成長過程の人の悩みがよくわかります。

1を聞いて10を知るような人は、私をさっさと追い抜いて行きます。

私は100を聞いて1知って、次の1を覚えるまでに最初の1を忘れます。

そんな私が、何故上達したのか?

知りたいですか?

裸に由来します。

ある時マルさんにいわれました。

マル 『お主、裸に徹しろ』

中野 『え?今ですか?』

マル 『阿呆!誰がお主の裸だと言ったんじゃ?チャートだよ』

一時期、エントリー精度を高めようと、インディケーター探しに没頭しました。
勿論、師匠のマルさんには内緒で。

マル 『お主なあ、この変なとこで入ってるポジションは、何のインディだ?』

中野 『えぇ??分かるんですか?』

マル 『教えた通りにやれば、ここのステージでのこの位置はありえん』

もう1年半以上前のことです。
履歴だけでバレバレになるんです。

でも、その時はステージの意味が全くわかりませんでした。

今はよくわかります。

なので、つい最近、1分足スキャルを教わっても
面白いほど頭に入りました。

『適当にやっても大丈夫』

その意味もわかってきました。

もし・・・
インディケーター探しをやってることを師匠が見ぬかなければ、
今の私はありません(断言)

そして今、私も人の履歴を見て指摘する事ができます。

ただ・・・師匠のように強く言えない。

この事を相談すると意外な言葉が返ってきました。

先週の事です。

『お主。小傷を恐れると大怪我するんだよ。
相手が傷つくかもしれないけど、誰かが言ってやらなきゃ、
やがてはマーケットに狩られる。まあ、どっちが相手の為かな?
いいじゃん、言ってやっても気が付かない奴とはどうせ縁が切れるから』

この人、冷たい人なのか暖かい人なのかわかりません。

更に、こういうのです。

『いいか、例え教えてやっても、実践の場では一人なんだよ。
つまんない事に、目を向けないで自分を大事にしろ。
分けてやれる優位さを喜べ。縁が切れたらとか、怒らせたらとか、
そういう欠乏感情に目を向けるな』

まだ、真意の全貌は掴めません。

欠乏感情・・・って何だろう。

どうもトレードの事だけではなさそうです。

香港行った時にでも聞いてみようと思います。

合宿メンバーとの香港!楽しみです。
次週のビデオが配信さらたらその後は香港だ!

香港では何を見せようかな・・・
前回はマカオのバンジージャンプ見せたし。

ご婦人 イク瞬間 

↑ ↑ ↑ ↑ ↑このキーワードでググッて見てね (^o^)/~~

見られるの平気な中野

---------------—-FX発信動画内容--------------------—-

チャート振幅に騙されるな。
22日ドル円の上げの真相。
値動きレンジ帯の推移・・・ステージの考え方。
見るところ。

---------------—-FX発信動画内容--------------------—-

by michi


コメントを残す